2008.04.04

一騎打ちムード?【大阪杯】

今年の大阪杯はGⅠレース並みにメンバーが揃った。
高松宮記念が霞んでしまうよ・・・

メイショウサムソンvsダイワスカーレット。
たしかにメンバーは揃ったけれど,この今年は図式じゃないかなと思う。
お互いここから始動するわけだが,両馬ともドバイ遠征を控えており,今期初戦という割には乗り込み量も豊富。
ダイワスカーレットは怪我の影響が心配されるけど,追い切りで見せた動きは牡馬を凌駕する動き。
初戦としては不安なく送り出せるといった感じか。
メイショウサムソン。この馬が最も強さを見せてくれるのはこの距離だと思っている。
事実,1800~2000にかけてはデビューから3着以下は無し。
完成された昨年秋からの衰えもないし,強いサムソンを再び見たい。

他にもこの距離であればヴィクトリーやインティライミなんかもよさそうなんだけど,ヴィクトリーはこれがブライアンズタイム産駒特有のスランプなのか,しばらくは苦しいレースが続きそう。 レースでやる気をなくしてしまってはね。
きっかけを掴めば,復活も早いだろうけど。本来のパフォーマンスが期待できる今回はヴィクトリーらしさが少し見られるか?

インティライミは位置取り次第。乗り慣れた佐藤哲騎手だし,少頭数。
前が詰まるなんて事もないだろうから,どこまで我慢してスムーズに運べるかが鍵かと。
展開や相手を考えると今回は厳しいかな?頑張ってほしいが。

ドリームパスポートは位置取りは前回と同じくらいか。距離が短くなり,スピードが要求される今回はさすがに好勝負でしょう。
少頭数だし,ここで無様な姿を見せるなら諦めだよ。

◎メイショウサムソン
○ダイワスカーレット
▲ドリームパスポート
×ヴィクトリー

| | コメント (1) | トラックバック (0)