« 夕張 | トップページ

2013.02.05

四国の香りに誘われて

2月になると思い出すのが、10数年前に友人と行った四国へのドライブ。

当時は新車を購入したばかりで、しかも二人が揃って同じ車種を購入したため、「俺の車で」「いや俺が出すよ」といった具合でまとまらず、結局各々の車を走らせて四国までドライブ。

明石海峡大橋、淡路島、鳴門海峡など、見所も多いであろうスポットも夜のドライブには関係なく、たどり着いたのは大歩危・小歩危で有名な徳島の山中。

そこで仮眠を取った翌日、やっぱり外すわけにはいかない高知競馬場へ初訪問。

ハルウララブームに湧いた高知競馬場ですが、調べてみると当時訪れた時ではまだ5戦目を消化したばかり(デビューしていたことにもちょっとビックリですが)。

もちろんブームの欠片もありませんでした。

訪問記念に1Rだけ観戦し、足摺岬から宿毛、そして松山へ。

松山に入り、道後温泉で汗を流した後は琴平で朝を迎え、坂出の立派なトイレに立ち寄って帰路へとつきました。

途中、宿毛で立ち寄った食堂で食べた鰻の味と春カツオの叩きが、無茶なドライブの疲れも吹っ飛ぶ美味しさだったことは、単純ですがこれだけで「四国に来てよかった」と思えてしまうものでした。

実はその少し後、開通したばかりの「しまなみ海道」を走りたくてたまらなかったこともあり、再び四国へと上陸し、宿毛まで車を走らせたものの、どうしてもお店が見つけられずに泣く泣く帰ったんですね。

店の名前も分からない、場所さえもほとんど記憶に残っていませんが、そのお店がまだあると信じて、いつかもう一度行ってみたいものです。(体力的に)無茶ができるうちに。

|

« 夕張 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55157/56699811

この記事へのトラックバック一覧です: 四国の香りに誘われて:

« 夕張 | トップページ