« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011.02.11

2011種付けシーズン到来

馬産地では出産、そして種付けの時期に入りました。

日高地域の牧場でも近年は1月から2月に出産を迎えるケースも多くなってきたように思えます。
早期の出産にはメリットやデメリットがありますが、その辺りはまた機会があれば。よく知られているものをちょっと挙げれば、産駒でいえば遅く産まれた馬よりも早い成長が見込めることと、繁殖でいえば種付けシーズンが長くなる分、不受胎となってしまっても次の種付けチャンスが十分にあることなどが挙げられます。

昨年はディープスカイと種付けしたものの、不受胎に終わったカワカミプリンセスですが、現在も元気一杯で、種付けの目安となる発情も来ているようなので、近々検査を受けて問題なければ種付けをおこなう予定のようです。

配合したい種牡馬は聞いています。が、種付け出来ない可能性もあるので馬名は伏せておきますが、現時点ではこれ以上ない配合だと思います。

今年こそ無事に受胎して欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »