« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009.02.23

カワカミキラリン・デビュー!ほか

日曜の京都新馬戦でカワカミキラリンがデビューしました。
6番人気に支持されたキラリンは,スタートダッシュからハナを奪い逃げる形に。
直線は一杯になったものの,踏ん張って人気どおりの6着でゴール。
410キロと小柄な牝馬なので,荒れた馬場はしんどかったかもしれませんが,次につながるレースだったと思います。

また,前日の京都3Rで断然の1番人気に応え,未勝利を勝ちあがったメイショウシェイク。
レース内容も強いの一言で,飯田騎手もダートは相当走ると言っています。
ただ,次走はとりあえず芝を試す予定をしているようなので,次は路線を決める試金石となりそうですね。

日曜京都最終レース(1000万下)に出走したボストンカラーズは勝ち馬を追走する形。
直線は何とかこらえて5着。掲示板を死守しました。
このクラスにも慣れてきたので,次走も好走を期待したいと思います。
次は得意の阪神か中京で快勝!といってほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都記念を振り返る

2月21日,京都競馬場でおこなわれた京都記念にカワカミプリンセスが出走しました。
中間の追いきりの動きは良かったので,レースも楽しみにしていました。
しかし,パドックを周回するプリンセスには,いつも見せるヤンチャな面が見られませんでした。
488キロ。個人的な意見をいえば,この馬体重はプリンセスの理想体重。
しかしこれは馬体がしっかりと引き締まってのもの。
パドックでみたカワカミプリンセスの馬体は冬毛の多さを除いても、はっきりと寂しく移りました。
踏み込みもこころなし弱く移り,減った馬体重を戻しつつの調整だったのかな?という印象でした。

レースは先行策にでるも,3~4コーナーで馬が走る気を無くしてしまったようにも思えました。
直線でジョッキーのムチにプリンセスが驚いたように感じた人もいると思いますが,そのとおりじゃないかと思います。
その後,走る気を取り戻し,直線伸びてきましたが,内容自体は非常に悪いものだったと思います。
プリンセスは頑張って,一生懸命走ってくれました。
本当にお疲れさまでした。

レース直後に場長から「負けたなぁ・・・」と一言電話がありましたが,トーンからしても思うところがあるのかもしれません。
あくまでも推測ですが,今後についてはひとまず白紙に戻し,引退を含めて西浦先生と協議するのではないかと思います。

3~4コーナーから押し通せば,結果は違った,暖かくなれば走る,といった励ましもたくさんいただきました。
たくさんのご声援ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.19

カネトシコウショウ UAEダービー挑戦

先週ヒヤシンスSを勝ちあがったカネトシコウショウのUAEダービー挑戦が発表されました。
レース内容も良かったので,どんなレースをしてくれるのか楽しみです。

カネトシコウショウは父・グランデラ,母・タカノラベンダーという血統。
母系は高昭牧場にとって思い入れのある血統で,三石川上牧場にもタカノラベンダーの妹・アグネススイートが最近まで繁用されていました。

さて,昨日はカワカミプリンセスが京都記念へ向けて追いきられましたが、「順調」そのものだそうです。
牡馬相手ですが,好走を期待したいです。

カワカミキラリンは池添騎手でのデビューを予定。
追い切りは一杯に追われ,最後は何とか踏ん張った,といったところでしょうか。
ゲートから中盤までのスピードはそこそそあるようなので,追走に苦労はしないんじゃないかとは思いますが・・・。
あとは直線でどれだけ頑張れるかといった感じでしょうね。

日曜の最終Rに出走するボストンカラーズは,ホッコータキオン相手にいい動きでした。
ホッコータキオンが調教では動かないタイプらしいので,一概にはいえませんがデキはいいようです。
こちらのレースも楽しみです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.02.13

カワカミプリンセス 2009年は京都記念から始動・・・ほか

有馬記念後も西浦厩舎で調整が続けられていたカワカミプリンセスですが,横山典弘騎手とのコンビのまま京都記念(2月21日) から始動します。
今週の追いきりの動きもよく,西浦先生も「順調そのもの」とのことです。

さて気になる春のローテーション。
現時点では不確定な部分が多い事を前提にしますが,ヴィクトリアマイルを目標にしていくのではないかと思います。
その場合は京都記念からの直行ではなく,その前に前哨戦を使う公算が高いようです。
春の番組を見ると,天皇賞を目標にした長距離路線と,ヴィクトリアマイルや安田記念を目標にしたマイル路線くらいしかないので,ひとまずはマイル路線も頭にいれているといったところでしょうね。
少なくとも高松宮記念を使わない事だけは確かです(笑)

また,同じく西浦厩舎に入厩している,プリンセスの妹分にカワカミキラリン(牝3歳) がいますが,京都記念の翌日,同じく京都でおこなわれる新馬戦でのデビューが濃厚になってきました。
目立った時計は出していませんが,叔父にタバスコキャットを持つ同馬。
こちらのレースも注目して見たいと思います。

さて,先週は日高でダーレーの展示会がありました。
武兄弟も出席していたらしく,華のある展示会だったようですね。
オーナーも幸四郎騎手とちょっと談笑したらしいです。(笑)
来週は浦河でメイショウサムソンの祝賀イベントも催されるようです。

世界規模の不況の波は,馬産地・ 日高も例外ではなく暗い話題が続いていますが,こうした明るい話題で華が咲くことで,少しでも馬産地に活力が生まれるといいのですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »