« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008.09.30

旭川競馬場閉幕 - どうするホッカイドウ競馬

来月の開催を最後に,ホッカイドウ競馬の開催競馬場のひとつ,旭川競馬場が廃止となる。
ホッカイドウ競馬の低迷を考えれば仕方ないといえばしかたいが大変残念な事実。
これで道営の開催地は札幌と門別の2箇所のみとなる。
帯広・岩見沢・函館に続き,とうとう旭川も開催地から姿を消してしまうのは何とも寂しい。
これらの競馬場には何度も訪れた事があるが,中央開催を伴なう札幌・ 函館はともかくとしても,旭川競馬場は施設こそ少々古いものの非常に味のある競馬場。
夏のナイター開催には,仕事が終わるや否や札幌から車を飛ばして行ったものだ。

旭川競馬場は旭川市の郊外,国道237号線を美瑛町方面へ向かい,途中の西神楽駅から少し丘へ上った所に位置する。
見晴らしは上々で,旭川の街並みに美瑛の丘陵,大雪連山までが一望でき,爽快そのもの。
場内では北海道の幸や名物も味わえるし(結構美味しい) ,ビール片手に観戦してる人達もいたりと,楽しみ方はそれぞれだが,来場人達はそれなりに楽しんでもらえる競馬場じゃないかなと。
ただレースは単調。
コースは平坦小回りのダート戦のみ。
距離で色分けをする程度でしかない。
もう少し,旭川(に限らず地方)ならではのレースを提供出来れば違った結果になっていたのかもしれないが。
黒字だった時に何か出来なかったのかなと,今にしてみれば思う。

売りだったナイター開催は門別競馬場で行うそうだが・・・
はっきりいえば何を期待したいのか分からない。
門別競馬場は日高町(旧門別町)にあり,主要アクセスは車。
平行して走る国道235号線で来場するのがほとんど。
札幌からだと高速を使っても1時間以上掛かる同競馬場。
電車もあるが,本数の少ない日高本線を利用する事自体がナンセンス。
札幌駅からシャトルバスも出るが如何せん遠い。
札幌近郊の人は駅前のAiba利用で十分足りてしまう。

門別競馬場へ脚を運ぶのは,日高町近辺のコアな競馬ファンかせいぜい苫小牧まで。(しかし苫小牧にもAiba有)
ナイターでますます客足が遠のくとなると,一体何のためにナイターをしているのかと。。。
この際,無観客競馬でも行ってみたらどうだろうか?

馬産地のお膝元でもあるし,ファンも楽しめるホッカイドウ競馬の存続は強く願いたいが,このままだと近い将来,本当の意味での無観客競馬開催 (馬券の販売の無い)へと変わってしまわないか何とも気がかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.16

ナリタブライアン記念館閉館

若くして逝った3冠馬・ナリタブライアン。
その功績を称え,作られた「ナリタブライアン記念館」 が9月30日を以って閉館となります。
CBスタッド跡地)に併設させた形で建っています。
自身も幾度となく訪れていますが,無くなると聞くと寂しいものですね。

日高を訪れる方は,最後の機会に訪れてみては。

 


 

 ナリタブライアン記念館
 北海道新冠郡新冠町朝日237-6
 TEL 0146-45-7123
 開館時間 9:30~16:30
 休館日 水曜日
 入場料 300円

□ナリタブライアン記念館
http://www.ijs.co.jp/brian/kinenkan.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.15

朝日チャレンジC

函館記念で前人未到の4連覇こそ逃したものの,メンバー中最速の上がりで追い込み,勝ち馬とは0.1秒差の4着。
その後の新潟大賞典では好位から進めるも直線さっぱりで15着の大敗。
原因は何かなと考えてみると,別に左回りを苦にした走りじゃなさしうだし,年齢的な衰えもそれほど感じられない。
この子はどうやら馬群に入って和気藹々と走りたいのだと思った。
開幕週で高速決着となると厳しそうだが,お友達と仲良く走って見せ場くらい作ってほしいものだ。
トーホウアランは実力通り走れば,ドリームジャーニーを押さえ込める力は持っている充実の秋といけるのか注目。

▲エリモハリアー
◎トーホウアラン
○ドリームジャーニー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.11

カワカミプリンセス次走決定!

たった今、上山社長から連絡があり、カワカミプリンセスの次走が府中牝馬ステークスに正式に決定しました。プリンセスの状態は非常に良いということです。
※京都・秋華賞の出走馬の兼ね合いもあり今回は鞍上が変更になるかもしれないそうです

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.09.02

カワカミプリンセス 夏便り vol.2

随分と間が空いてしまいました。
先月下旬あたりはちょっと涼しくなってきましたが相変わらず残暑が厳しいですね。
先週は豪雨にも見舞われました。
雷鳴や叩き付ける様な雨に見舞われ,夜中だったこともありほとんど寝れませんでした。
一番の被害となった岡崎市。
親類が結構住んでいるのですが幸いなことにみんな無事だったようです。
被害に遭われた方は本当に大変だったと思います。

話しは変わりカワカミプリンセスの事など。

情報がなかなか出てきませんが,先月中旬頃から乗り運動も強化されていると聞いています。
他に大した情報はありませんが,マイペースで調整が進められているのだと思います。
復帰ですが、エリザベス一本に絞って・・・というソースがありましたが,間に合えば京都大賞典も選択肢としてはまだ消えてはいないようです。
次走では「勝利」を狙っていますので,競馬場でのご声援,よろしくお願いします。

早ければ来年にもデビューを迎える全弟(タカノセクレタリーの2007)の様子を少々。
当歳時からそのヤンチャぶりを以って性格はプリンセスに似ている感じだった同馬。
姉同様,放牧地でもその闘争心を全身で表現しているそうで,勝負根性は相当なものがありそうだということです。
過程も順調に来ており,近いうちに育成へと移動すると聞いています。
この気性の激しさが良い方へいけば結構期待できるんじゃないかなと思います。

また,今年生まれたタカノセクレタリーの2008もすこぶる順調に成長しているようです。
その他のとねっこたちも中間,若干の夏バテしたものの現在はすこぶる元気だということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »