« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008.05.31

プリンセス復活!

カワカミプリンセス,復帰戦,3着。
詳細レポートは後ほど詳しく。
直線,前の馬に襲い掛かる闘争心,残り100Mから見せてくれたフットワーク。
久しぶりにこの馬らしい姿を見せてくれました。
オーナーも直線は熱かったようですよ。大興奮だった様子です。
手応えと充実感を胸に北海道へ帰っていかれました。

どこよりも早い?次走情報ですが,現段階では宝塚記念,もしくは札幌記念へ直行するかのいづれかになる見込みです。
7:3くらいかな?といったニュアンスです。こちらも決定次第またお知らせします。
(札幌記念だと賞金不足が気になるところではありますが)
馬と相談して決定することになりますが,まずはプリンセスを労ってあげたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.28

いよいよですよ

さて,今週はいよいよ競馬の祭典,東京優駿が開催されます。
さすがダービーウィークだけあって,スポーツ紙の競馬の情報量も今週は多いですね。
その大混戦模様のダービー。
アドマイヤコマンドやサクセスブロッケンなどの新興勢力も脅威なんだけど,皐月賞上位組が半馬身ほどリードかな?という感じもします。
そんな訳で金鯱賞の扱いは小さくなってしまう訳ですが。

カワカミプリンセスが約11ヶ月ぶりに復帰します。
舞台は中京の2000M・金鯱賞(GⅡ)
いよいよですよ。

 



昨年の夏,札幌記念を目標に調整していたカワカミプリンセス。
その調教中に骨折が判明し,引退か現役続行かの決断に迫られました。
悩んだ結果,また多くのファンの皆さんの暖かい後押しもあり,現役続行を決めました。
当初は1年後の札幌記念を目標にじっくり立て直すことを考えました。
もしも春先になって走れる体ではなく,「母親」の体になっていた場合は,その時点で引退することも同時に決めていました。

休養先は浦河町にあるBTC。
スタッフの細心の注意に加え,昨年,プリンセスが冬負けした教訓を生かし,良い意味での大胆な調整方法も取られました。
プリンセス自体の回復力も早く,私が昨年の秋に同場を訪れた時には,すでに馬場入りを開始しているほどになっていました。
厳冬期を迎えてもプリンセスは元気一杯。
昨年,悪く言えばプリンセスはお嬢様のように過保護に扱われていましたが,日中は遅くまで放牧に出すなど,寒さに対する免疫もついてきたのか,大した風邪も引かずに冬を乗り切りました。

正月明けには現場の雑談レベルではあったものの,「金鯱賞辺りに間に合えばいいかな」という復帰に向けた明るい話題も徐々に出てきました。
2月に入り,いよいよコース入りを開始。
西浦厩舎に出発するまでのスタッフの皆さんの頑張りは相当なものだったと思います。
場長は腰痛を患いながらもプリンセスに合った乗り方で筋肉をつけていってくれたと聞き,馬乗りとしてのプロ意識にとても感動しました。
西浦先生も,このスタッフの頑張りには頭がさがる思いだったのではないでしょうか。

 

4月。
プリンセスはBTCを離れ,西浦厩舎へと戻っていきました。
15-15から始まり,今日の最終追いきりまで,無事に,順調に来ることが出来ました。
先週の追いきりでは主戦の武幸四郎騎手が跨って感触を確かめ,復帰の準備は整いました。

出来に関しては,西浦先生が「80%の出来」 と言うことは,エリザベス女王杯の頃と比較すると6~7割ほどのデキなんだろうなという印象です。
復帰戦としては少々高いハードルです。
正直,まずは無事に走ってくれればと思います。
それでも,どこかでプリンセスらしい走りを見せてくれるはずと期待する気持ちもあります。
こればかりは走ってみれなければ分かりませんが,当日元気な姿を見せてくれると信じています。

私が伝えられることなんて(文才の無さも多大にありますが)この程度でしかありません。
オーナーやBTCのスタッフの皆さんなど,プリンセスに関わる多くの人たちの頑張り,またプリンセス自身の頑張りを他の人たちよりもちょっとだけ近くで見てきました。
それが今回少しでも伝わればと幸いです。
また,カワカミプリンセスのファンとして,競馬場でその走りを見せてくれる,そのことに感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございます。

 

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008.05.09

ボストンカラーズ・再出発

復帰といえば,荒尾に移籍したボストンカラーズが再び中央へ復帰し,今週新潟で復帰初戦を迎える。
こちらはいづれオープンで戦える逸材だと思っているので,上を目指し再出発してほしい。

 




5月11日・新潟4R 4歳以上500万下

◎ボストンカラーズ
最後に荒尾で走った後,少し間隔が空いているが,栗東へ入厩後もしっかりと乗り込まれた。
相変わらずの雄大な馬体。それでいてスピードのある動き。平坦な新潟の直線ならスピードで押し切って欲しい。
本音を言えば次走辺りからは芝を使って欲しいところだけど。

 

■ボストンカラーズの単勝3000円 複勝3000円


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.01

カワカミプリンセス・復帰戦

お待たせしました。
カワカミプリンセスの復帰戦ですが、5月31日・中京で行われる金鯱賞(GⅡ・芝2000m)を予定しています。
詳細はまたあらためて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »