« さらぶトリップ 2日目 | トップページ | 秋・春連覇【高松宮記念】 »

2008.03.27

さらぶトリップ 4日目

4日目

ついに会える。
高ぶる気持ちを抑えつつの朝。
朝食を済ませ静内駅へ。一駅で新冠。
そこからタクシーで一路優駿スタリオンへ。ドキドキしてきた。
牧場に到着。
まだ人も少ない。
そして一番手前の放牧地に彼はいた。
オグリキャップ。
ついに会えた。
画面を通じてしか見ることのできなかった彼が,牧柵からまだ芦毛らしい色をした首を出して自分の目の前に立っている。
目が合った。じっとこちらの様子を伺っている。楕円な目に自分の姿を確認できた。
この時間,一生忘れる事はないだろう。
どれだけ時間が経ったんだろうか?
ただただオグリの姿を追いかけていた。
午前中の見学時間が終わり昼休みに入った。スタリオンのショップへ。
そこにはとにかくオグリのグッズというグッズが溢れていた。
買うのは静内を立つ日と決めていたので,今日は店内を見て回るだけ。
昼食も店内で済ます。オグリのビデオが放映されていて結局全部見る。

そうこうしているうちに午後の見学時間に。
見学者も結構な数になってきた。やっぱりオグリの人気は凄い。
結局その後も見学終了までオグリ一辺倒。(さすがに従弟は飽きてきていたな)
この時だ。「日高で暮らす。馬の仕事をする」という強い気持ちが沸いてきたのは。

駅までは歩いて戻る事に。
新冠川沿いに牧場が散らばる風景。サラブレッド銀座。
夜は外へ。付き合ってくれた従弟に焼肉を奢る。疲れもあったがよく食った。
あすはもう北海道を後にする日だ。
なんかあっという間の滞在だったな。
バイトして金が貯めて秋にでも来よう。そう思った。

最終日

長いようで短かった,若造二人の旅も今日でおしまい。
ま,正確には船に乗ってから33時間(!)かかるんでそう考えるとあと家に着くのは2日後・・・って事になるが。
旅館のおじさん,おばさんに「また秋にでも来ます」とお礼を言って静内を立つ。
船の時間は夕方なんで,まだまだ時間的な余裕はある。
今日もまずはオグリに会いに向かった。
一方的に別れの挨拶。「また秋にくるよ」と伝え,ショップで買い込み。あまりの量にまとめて送ってもらう事に。
使えるお金のほとんどをここで使った感じだ。

駅に戻ると丁度列車がくるところ。これを逃すと待ちくたびれるところだった。
30分ほど揺られ,降りたのは豊郷駅。芦毛の後継者に会うためだ
タマモクロス,オグリキャップ,メジロマックイーン,ビワハヤヒデ。
今回,タマモクロスには会えかったが,またの楽しみにって事で。
豊郷駅を出て,向かいの店の窓には「歓迎ビワハヤヒデ号」の文字が。
まっすぐ歩いていくと日西牧場の看板に。
朝だったこともあってか見学者はゼロ。
ハヤヒデは放牧地の一番奥で,のんびり草を食べていた。
「ちょっと遠いなぁ」と思いつつも見学台へ。
するとどうだ,こちらに気づいたハヤヒデが勢いく駈けてくるといかにも「写真撮れば?」という姿で待っている。
「それじゃあ」って事で一枚撮らせていただく事に。
撮り終わるや否や,また元居た場所へ戻り,何事も無かったかのように草を食べ始める。。。
「馬は人間より賢い」。この言葉は間違ってないかもしれないな。

帰り際,場長さんが「見るかい?」と声を掛けてくれて,ハヤヒデを放牧地から出してくれる事に。
だいぶ種牡馬の体になってはいたが,柔らかそうなバネの利いた筋肉はさすがと思わせるものだった。
日高門別の駅まで送っていただけることに。
「また見においで」と仰っていただいた。感謝。

苫小牧に着き,頼まれたお土産等を買い,フェリー乗り場へ。
長い長い船旅となったが,途中寄航した仙台では市内を見たりと,退屈な時間が多い船旅にあって少しはアクセントになった。
翌々朝,名古屋港へ無事到着。
忘れられない最初の旅が無事に終わった。


今日,3月27日はオグリキャップの誕生日。

|

« さらぶトリップ 2日目 | トップページ | 秋・春連覇【高松宮記念】 »

コメント

脅威の40000倍万馬券的中!証明書表示有り!磨呂志の予想サイト
バリバリ馬券 PC    http://www.umabari.com/
バリバリ馬券 MOBILE http://www.umabari.com/k

投稿: umabari | 2008.10.04 17:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55157/40653044

この記事へのトラックバック一覧です: さらぶトリップ 4日目:

« さらぶトリップ 2日目 | トップページ | 秋・春連覇【高松宮記念】 »