« 日高より | トップページ | ライバルと認めた馬に敬意を・・・ »

2007.10.30

牧場訪問を終えて

前回の日記でおおよその事は書いてしまったのですが、おさらいの意味も込めて。

先週末から日高(三石(新ひだか),浦河)を訪問しました。
27日と28日の午前中までの短い滞在でしたが、中身は濃いものだったと思います。

初日。
午前中に牧場に到着した後、まずはタカノセクレタリーの2007(当歳)を見せてもらうことに。
元気一杯の彼の近くに行くのはなかなか勇気がいるのですが、スタッフさんの護衛もあって近くで観察。
時折、「何かしてやろうかな~」という感じもありましたが、”無事”に放牧地を後にしました。
贔屓なしに他の当歳(ごめんね)よりも走りそうな雰囲気は漂っていました。
上山社長も「プリンセスとは違うんだが良い雰囲気はあるよ」と。
また、プリンセスの復帰の時期や、将来のお婿さん候補に関しても、いろいろと話をしました。
でもそんな話が現実になるのも、まずは無事に戻ってきて、また無事に引退してからの話。
その辺の話は時期が来たらまたお伝え出来ればと思います。
そのプリンセスの今の様子は、「直接確かめておいで」という事で、浦河にあるJRA日高育成センター(BTC)へ向かいました。
精密検査の結果も良好で、現在は引き運動を行っているプリンセス。
馬房でのんびりしているところにお邪魔して来ました。
馬体はふっくらしているものの、太くはない感じ。更に馬体に幅がでてきた印象。
これで筋肉が戻れば、今よりもパワフルなプリンセスが見れるかもしれませんよ。
メニューも、時期に乗り運動へと移行できると思います。
弟もだが、姉も負けてないヤンチャっぷり。
写真を撮るため、しばし二人っきりでいたので心配でしたが、カメラに興味があったのか、終始リラックスしていてくれました。
再び牧場に戻り、運動を終えて厩舎へ帰ってきた当歳達や繁殖を見てまわりました。
(これらの写真は近々HPへアップしますので興味があったら覗いてください)

翌日は放牧されている”お母さん達”を主に見てまわりました。
タカノセクレタリーやマーブルズタイムはもちろん、帰ってきたハートフルメロディやリバーサウンド、 カワカミパウダーなども見ることができました。
種付けの相手も、ここ1~2年で大幅に変わってきていました。
三石川上牧場の配合を見てもらえれば分かりますが、種牡馬はほどんが日高の種牡馬です。
主なのは優駿スタリオンやダーレージャパンといったところでしょうか。
いづれにしても、無事に良い仔を産んでほしいものです。

牧場へはいつ行っても、家族やスタッフの皆さんが暖かく接してくれて、家族の一員のように扱っていただき、 本当に感謝しています。
そんな牧場だからこそ、これからもずっと良い馬作りを続けていって欲しいと心から思った今回の訪問でした。

|

« 日高より | トップページ | ライバルと認めた馬に敬意を・・・ »

コメント

先日はメールをありがとうございました。*^^*
そして、無事例のもの(笑)をありがたくダウンロードできました。
お礼が遅くなり大変失礼いたしました。
今月中にはお言葉に甘えて使用させていただきたいと思います。^^
暖かいご配慮にとても感動しております*^^*ありがとうございます!
ところで。
プリンセスちゃんの順調な回復ぶりは、復活を待ち望んでいるファンにとっても元気がでるニュースです。
未来のことを考えてもワクワクしますが、来年、万全復活のプリンセスを応援できることが
今のまりんの楽しみのひとつです。*^^*

投稿: ゆうまりん | 2007.11.03 09:07

ゆまりんさん

遅くなりましたが、喜んでいただいて何よりです。

弟の馬名も決まり(スガノホマレ)、デビューが待ち遠しいですね。あ、ゆうまりんさん的にはアグネスデジタル産駒なのがちょっと残念?ですね。

プリンセスの情報は定期的に牧場から情報をいただきながらお伝えしていきます。
(オフィシャルが早いかな?、HPで書けないことはこちらで 笑)

復帰の予定時期も内々では、番組を検討してきているんですよ。
もう少し話しが具体的になったらお知らせしますので、お楽しみに。

投稿: しみず | 2007.11.08 08:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55157/16922079

この記事へのトラックバック一覧です: 牧場訪問を終えて:

« 日高より | トップページ | ライバルと認めた馬に敬意を・・・ »