« オグリキャップ展 | トップページ | 旅の記憶 北海道・オホーツク編その2 »

2007.07.04

旅の記憶 北海道・オホーツク編その1

稚内から網走を結ぶ国道238号線の別名は「オホーツクライン」。
文字通り、オホーツク海沿岸を走る幹線道路。何度も走った道だが、随所に見せる「最北」の風景は見る価値がある。
個人的には稚内から網走へ向かうルートがお好み。網走到着後の選択肢がいくつかあるのも、"その先"を考えると走っていて疲れが少ない。 例えば、更に東に行けば世界遺産にも登録された知床。南には北見、美幌、弟子屈といった見どころの多い地名が並ぶのも嬉しい。
逆ルートだと宗谷岬が終着点となるため、後は「日本海オロロンライン」(このルートの魅力はまた後日) か国道40号線で旭川を経由して南下するくらい。やはりスタートを宗谷岬にするのが自分のスタイルには合っていたな。
宗谷岬を出発し、山道を抜ければ猿払村に入る。左手にはオホーツク海が広がる。
道の駅やセイコーマートでコーヒー等を買ってドライブの準備。
猿払では特に観光などはしたことはなく、専ら道の駅で仮眠を取る位なのだが、 何年か前の冬に友人と二人で北海道を回っていた際にホワイトアウトに見舞われたことがあった。まさに視界ゼロの世界で、 どうにか路肩に車を寄せ(たつもり)、ハザードを点けて待機した。何も出来ないでただ視界の回復を待つ。本当に怖かった。以来、 あの時の恐怖からか、友人は冬の北海道を極力避けている。

東へ進むと浜頓別。
浜頓別は渡り鳥の越冬地「クッチャロ湖」で有名。冬の早朝には湖の周辺で写真を構える人たちの群。寒そう。
ここら辺は北の侘しい風景が続いていく。
神威岬周辺までくれば、シーズンを迎えれば流氷がはっきりと姿を見せてくれる。

枝幸町。カニ好きは寄りたい町。美味しいカニを食べさせてくれる店が結構ある。 値段も心配するほどでもないから自分で探すのが旅らしくていい。

souya kani kutune2

|

« オグリキャップ展 | トップページ | 旅の記憶 北海道・オホーツク編その2 »

コメント

しみずさん こんばんわ。
北海道に馳せる気持ちが伝わってきます。
私は、青森より東には行った事がありません(昔は欧州便で経由していたアンカレッジに降りたことはありますが。。)いつかは函館か札幌競馬場と牧場めぐりをしてみたいという気持ちは有ります。
お互いに馬券で旅費が捻出できるようにがんばりましょう。
そうそう、今回のMontjeuさんの記事で阪神のダート戦のヒントもらったので狙ってみようかと、、それと しみずさん推奨の函館向き走法も参考にしつつ。

投稿: 走るスンビラン | 2007.07.04 20:17

走るスンビランさん

Montjeuさんからのヒントというのは気になりますね。
走るスンビランさんのブログが楽しみです。
北海道にはやはり愛着がありますね。第2の故郷です。
そのためにも北行きのチケットを手に入れたいものです。

投稿: しみず | 2007.07.05 19:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55157/15648277

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の記憶 北海道・オホーツク編その1:

« オグリキャップ展 | トップページ | 旅の記憶 北海道・オホーツク編その2 »