« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007.06.29

仕切りなおしの一戦 & ラジオNIKKEI賞と函館SS

先々週の未勝利戦を疾病のため取り消したボストンカラーズが7月1日の阪神3R・ 3歳未勝利戦に改めて出走予定。
疾病の理由も「右肩跛行」なら問題ないでしょう。
今週も坂路で追い切られ、時計も良好。ゲートも早い。
大型馬と聞いているので初戦からはどうかな?という面もあるが、動きもいいしちょっと期待したい。
ダート1200Mを使うのは、まずは慎重にといったところか。
父・ボストンハーバー産駒は芝・ダート問わずといった感じだし、母・チームカラーズもダートでも問題なし。
ただ、将来的には芝の大きいところで活躍してほしい逸材。
スピードは非凡。レースは前々での競馬になりそうな感じ。どんな競馬を見せてくれるかな。注目。

宝塚記念も終わり、ちょっと一息。
夏競馬は重賞予想に挑戦してみようかなと。
という訳で、まずは福島・ラジオNIKKEI賞。
舞台は夏の暑い福島。6日目なら馬場云々は気にせずに。
連勝中の馬が多数いるし、調子がいい馬が揃いましたね。
フェザーケープは京都新聞杯では厳しい競馬としまったが、間を空けてしっかりと調整。
先行押し切りで持ち味を活かせそう。
ガルヴァニックは休養明けの中京で楽勝。不良馬場だったが、道悪が得意とかいった問題ではなく実力上位だった。 ナムラマースと0.5秒差だった札幌2歳Sを見たときに、中距離型かなといったイメージを持った。
上位に来ても不思議じゃないかな。

◎フェザーケープ ▲ガルヴァニック

函館スプリントS。
洋芝で力のいる函館では、スピード自慢の時計勝負という馬は不要。
アグネスラズベリ、ビーナスラインの2頭は函館巧者。ラズベリは大型馬らしく、しっかりとしたフットワークで力のいる洋芝は歓迎でしょう。 状態もいい。
中団よりもやや前につけて、しっかりと差し切りたい。
ビーナスラインは大好きな函館、今年も展開も味方してくれそうなメンバー、となれば連覇があって不思議ではない。
アドマイヤホクトはスピード自慢だが、馬場が合わない感じが強そう。横山典騎手は怖いけどね。
今回は掲示板までかな。

◎アグネスラズベリ ○ビーナスライン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.25

宝塚記念観戦

昨日(6月24日)行われた宝塚記念。
カワカミプリンセスの応援のため阪神競馬場へ。
キョウエイマーチがローズSを勝って以来だから、実に10年振りの訪問。
これでどうでもいい、「懐かしの競馬場ランキング」第1位は、小倉競馬場(1999年・冬)に。

競馬場へはマイカーを利用。宝塚I.Cを降りた後、しばし迷う。こんな時はナビが欲しいですね。(もちろん付いていません)
それでも無事に競馬場へ着いたのが午前2時前。すでに入場門前には多くのファンが。
午前4時から指定席の整理券が配布され、開門は午前7時50分。
横断幕の受付を済ませ、パッドクで幕張作業。
周囲の方も優しく手伝ってくれてスムーズに終了。我ながら不器用だと改めて痛感。
(手伝ってくれた皆さん、ありがとうございました n(_ _)n)
あとはレースを待つのみ。
新馬や準メインには高昭牧場の産駒が出走あったり(カネトシロフティ・アグネスヨジゲン)、「フサイチ」のオーナー・ 関口房朗氏が普通に現れたり(当然、人だかりとなりましたが)と、いろいろあって時間が過ぎる。

10Rが終わりいよいよパドックに出走馬が登場。
カワカミプリンセスは、踏み込みもしっかりし、筋肉も弾んでいる。いい感じでうるさく、調子がいいのは間違いなさそう。 ただ早朝から降りだした雨が激しくなり、「この馬場がどうかなぁ」とプリンセス陣営の弁。
ウオッカも馬体は良く、アドマイヤムーン、メイショウサムソンの馬体も風格十分。
本馬場入場はコスモバルクが真っ先に登場。カワカミプリンセスの返し馬もいい感じ。
いよいよ発走。
スタートは予想外に好スタート。行く馬が揃ったたため、”押し出されることは”なかったが、思っていたよりも前々での競馬。
レースはこの馬場で千メートルの通過が57秒中盤。厳しい流れに。
アップアップの逃げ馬達が後退し、4コーナでは”押し出されるように”先頭へ。
場内もどよめく。叫ぶ。
直線、直ぐにメイショウサムソンが襲い掛かる。瞬間差し返そうと試みるも苦しい脚色。
馬場の真ん中から待機勢が一気に襲来。
アドマイヤムーンがメイショウサムソンを振り切って堂々の勝利。完勝でした。
カワカミプリンセスも6着に踏みとどまった。

上位の馬達は強かった。
ジョッキーも「理想はもう少し後ろの位置からだった」と思います。 出来ればメイショウサムソンやダイワメジャーが前にいて欲しいと思ったでしょうね。今回は逆に目標にされてしまいました。 
結果6着だったが、勝ちに行ってのも。自身、前半ハイラップを刻み、直線はよく辛抱したと思います。
強がりかもしれないが、「負けて強し」だよ。
非常に収穫のある宝塚記念だったと思います。

次走は札幌記念の予定。
陣営としては、ここも今年の目標のひとつ。
北海道のファンの皆さんの前で、「カワカミプリンセス復活」を期待したい。









 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.06.22

指針

スイープトウショウと外国馬の不参戦を除けば、考えられる最高峰のメンバーが揃った宝塚記念。
JRAとしては売り上げが非常に気になるところでしょうね。s
ウオッカのオーナーもその辺に関してはコメントがありましたね。
よもや昨年を下回る・・・なんてことがあれば、非常に危惧すべき問題。
どれだけの売り上げを見込んでいるのかは分かりませんが、このレースの売り上げが示す意味は非常に大きいんじゃないかなと思います。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.06.20

結果に納得できる状態だ

宝塚記念最終追い切り。
恐らく最後になるであろう、元パートナー・本田調教師(21日より開業)を鞍上に迎え抜群の動きを見せてくれました。
デビュー時はお世辞にも上手と言えなっかた首の動き。
経験を積んで首・上半身・下半身の使い方が本当に上手くなった感があります。
1完歩、1完歩しっかりと踏み込み大きく飛ぶようなストライド。文句ないよ。
動きは良かった。本当に良かったです。
馬体の張りも申し分なく見え、躍動感とパワフルさを兼ね揃えたプリンセスに戻りました。

これで負けたなら納得出来る仕上がりじゃないかな。
西浦先生も「いいよ~」とのコメント。
主戦にも今回はレースを楽しんで貰いたいですね。

今回は、JRAの主役候補がほぼ揃った豪華メンバー。
厳しい競馬になりそうですが、「どこまで戦えるか?」逆に楽しみでもあったりします。

宝塚記念の後は、札幌記念へ出走予定。
「良い結果」をお土産に、北海道へ凱旋となれば最高ですね。

秋には完成されたもの凄い馬になる(なってほしい)と、そんな思いが頭をちょっと過ぎった。

の贔屓は入ってます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.19

旅の記憶 ~ 宮崎編 その2

前回の宮崎編 の延長だけど、 宮崎の馬といえばやはり都井岬の「岬(御崎)馬」も印象的だった。
日南海岸をひたすら南下し岬を目指す。
昔は新婚旅行のメッカだったらしいが、今は人気薄なんだろうな。
岬に着くと、野生馬達が車なんか気にもしないで、のんびりと草を食べたり、親子?で散歩していた。
車を降り、そっと近づいても特に気にもしてない様子。
人間慣れ?しているのは否めないものの、人の手によって作られる「サラブレッド」とは違う、「馬」本来の姿を少しでも見れたのは、 それはそれで良かったと思った。

宮崎市~都井岬日南海岸沿線には、鵜戸神宮やサンメッセ日南(モアイがいます)、サボテン園、小京都・飫肥などもあって、 いろいろと寄り道しながらだったけど飫肥の町並みはちょっと好きになりました。

 miyazaki ■宮崎市内

moai3 ■サンメッセ日南

obi1 ■飫肥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.17

夏女

マーメイドS。
混戦模様だったが、ディアチャンスが着差以上の強さを見せて快勝。
夏女になりそうな予感。次走はクイーンSか札幌記念辺りかな?
ソリットプラチナム、サンレイジャスパーも味の自分の型で見せ場を作ったし、次も走れそう。
1番人気に支持されたコスモマーベラスは、トップハンディに加えて消耗の激しい競馬内容に思えた。
今夏のレースに出走してくるのであれば、よほどの馬で無い限りは好走は厳しいと思う。
シェルズレイは自分の競馬が出来たことは収穫かな?

さあ宝塚記念だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あらら・・・

注目していたボストンカラーズ。
疾病の為、出走取り消しになりました。
ま、仕方ないね。
あたらめてデビューを待ちましょう。

ということで、今日は紫陽花見に行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.16

こんなん当たりました

家に帰ってみるとJRAからこんなものが届いていました。
姫のマウスパットと携帯クリーナー。

IMG_0742









ちょっとばかり嬉しかった。

あ、ボストンカラーズが今のことろ1番人気(阪神2R)です。
デビュー戦が1番人気ってのいいもんですが、やはり勝ってこそ。
いい競馬を期待したい。
アグネススザクも動きはいいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.15

ゴッドオブチャンス以来の勝利を

ゴッドオブチャンス(2002 京王杯SC)を輩出した母・チームカラーズ最後の産駒がデビューする。
馬名はボストンカラーズ(父・ボストンハーバー 飯田厩舎)

17日の阪神2R・3歳未勝利戦(ダート・1200m)に飯田騎手を鞍上に迎えて出走予定。
追いきりでも好時計をマークし、ゲートも上手い。
初戦から勝負になるんじゃないかと密かに期待。
なお同レースにはアグネススザクも出走予定。

チームカラーズの印象はとても綺麗で賢明な馬。
そんな雰囲気を漂わせる馬だったなぁ。

ゴッドオブチャンス以降、産駒に勝利がない。
母が終わりを告げた「第2の競走馬の舞台」の引退に花を添えて欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.14

宝塚記念 一週間前

ウォッカの参戦も正式に決まった宝塚記念。
豪華な顔ぶれとなりました。いやいや凄いね。
新装阪神競馬場で行われる最初の宝塚記念。ちなみに内回りコースなのでお間違えなく。(直線は356.5m)
昨日は多数の有力馬が一週間前追い切りを行いました。
各馬ともしっかりとした動きだったようです。もちろんカワカミプリンセスも。
カワカミプリンセスはDWでマイソールサウンドとの併せ馬。
武幸四郎騎手が怪我のため乗れませんでしたが、元パートナーの本田調教師が稽古をつけました。
時計自体は「こんなものかな」といった感じ。しかし軽快かつパワフルな動きは「戻ってきた」とみたい。

□出走登録馬
これだけのメンバー、今年の有馬記念では見られないんじゃ?
自分好みに並べ替えました。

■ダービー2着トリオ
アサクサキングス(2007 東京優駿2着)  
アドマイヤメイン(2006 東京優駿2着)  
インティライミ(2005 東京優駿2着)

■海外GⅠWINNER
アドマイヤムーン(2007 ドバイデューティーF)
コスモバルク(2006 エアラインズ・カップ)
シャドウゲイト(2007 シンガポール国際航空インターナショナルカップ)

■女傑
 
ウオッカ(2007 東京優駿)  
カワカミプリンセス(2006 牝馬2冠 優駿牝馬・秋華賞)  
スイープトウショウ(2005 宝塚記念・エリザベス女王杯 / 2004 秋華賞)  

■強い馬
メイショウサムソン(2007 天皇賞(春) / 2006 2冠 皐月賞・東京優駿)
ダイワメジャー(2007 安田記念 / 2006 天皇賞(秋)・マイルチャンピオンシップ / 2004 皐月賞)
 

■脇役では終われない?
 
スウィフトカレント(2006 天皇賞(秋)2着)  
トウカイトリック(2007 天皇賞(春)3着)  
ファストタテヤマ(2002 菊花賞2着)  
ポップロック(2006 有馬記念2着)  
マイソールサウンド(2005 阪神大賞典)  
マキハタサイボーグ(OP馬)
ローエングリン(2007 中山記念)
 

■控え
 
アドマイヤフジ
ニホンピロキース
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.06.12

夏競馬 ~ 若駒達が頑張るよ

夏競馬ですね。
北海道シリーズも開幕し、新馬戦もスタート。
毎年の事ながら、ワクワクします。新種牡馬にも注目が集まりますね。
三石川上牧場の2005年生まれの産駒達は以下の通り。
簡単にコメントも。

■アグネスドレス2005
牡 栗毛  2005年02月18日生 
 アグネスデジタル - アグネスドレス

新種牡馬・アグネスデジタル産駒。
オールラウンダーな能力が産駒にどう伝わるか?

■オオミーアキノ2005
牡 栗毛  2005年03月20日生 
 アグネスフライト - オオミーアキノ

こちらも新種牡馬・アグネスフライト産駒。
種牡馬として弟以上の活躍を見せてくれるか?

■カネトシガバナー2005
牝 鹿毛  2005年03月29日生 
 カネトシガバナー - カネトシシェーバー  

またまた新種牡馬・カネトシガバナー産駒。父は牧場生産場。
アンバーシャダイの血を繋いでほしい。

■タカノセクレタリー2005
牡 栗毛  2005年05月11日生 
 
アグネスデジタル - タカノセクレタリー

新種牡馬・アグネスデジタルとの配合でどんな走りを見せてくれるのか?
カワカミプリンセスの半弟。

■マーブルズタイム2005
牝 栗毛  2005年03月18日生  
 カリズマティック - マーブルズタイム

カリズマティックとの配合。
クロスがいい感じで散らばっています。

■アグネススイート2005
牝 青鹿毛  2005年03月18日生 
 スキャン - アグネススイート

全兄・カワカミイチローは名古屋で頑張っています。
ダートの短・中距離向きか。

■ステキナホーラー2005
牡 鹿毛  2005年04月21日生
 スキャン - ステキナホーラー  

スキャンでの配合には、兄・デライトホーラーがいます。
母はダートのみで2戦未勝利・2着1回でした。ダート走りそうだけど。  

■ドルフィンソナー2005
牝 鹿毛  2005年04月29日生
 マリエンバード - ドルフィンソナー

前年のセイヴィクトリーに続いての同配合。
そろそろ走ってもいいんじゃないかな?

■パーティーホーラー2005
牡 鹿毛  2005年02月10日生 
 
アグネスフライト - パーティーホーラー

アグネスフライト産駒。
半兄・ジーティーホーラー以上の活躍を期待。

■ラヴラヴラヴ2005
牝 鹿毛  2005年03月03日生
 ラムタラ
 - ラヴラヴラヴ

日本を去ったラムタラ産駒。
Nijinsky2×5はあえてやや濃いクロス配合。

以上のラインナップ。
セリでも高値で落札されたタカノセクレタリー2005に注目が集まりそう。
個人的には、ラヴラヴラヴ2005、パーティーホーラー2005、ステキナホーラー2005が気になるかな。

来年のクラシック向けて頑張れ!


■三石川上牧場2005年生まれの産駒達(当歳時)

タカノセクレタリー2005 カネトシシェーバー2005

 

Crop2005 Crop2005 Crop2005

 Crop2005 Crop2005 Crop2005

 Crop2005 Crop2005 Crop2005

 Crop2005 Crop2005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.08

いろんな意味で注目の一頭

カワカミパイン(ネーミングは気にしないでね)。
年明け早々にゲート試験をクリアしたので、もっと早くデビューするかと思っていたが、
ようやく登場。
東京(10日)3R・芝1400Mに勝浦騎手で初陣です。

この馬、冠名こそ「カワカミ」を冠しているが、生産者は社台ファーム。
いろいろと思惑があって(詳しくは内緒・・・すいません)所有することになったようです。
ちなみに父はアグネスタキオン。
どんな競馬を見せてくれるか注目です。(若さが出ちゃうかな?)

一方、中京(9日)には、マーブルラトゥール(鞍上は池添騎手)が出走予定。
ここ2走、着順こそ振るわないものの、そんなに差はない走り。
ちょっと色気を出してもいいかな。(掲示板くらいは・・・と期待したい)

宝塚記念のファン投票の結果がでました。
メイショウサムソンには及ばないものの、堂々の2位。
嬉しいです。
ファンの皆さんの応援に応えれるようなレースを期待したいものです。
そして、ダービー馬・ウォッカの参戦プランが報じられていますね。
そうなると、久しぶりに豪華なメンバーが揃う春のグランプリとなりそう。
動向に要注目。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.05

旅の記憶 ~ 宮崎編

宮崎。
競馬とは深い繋がりのある地で、宮崎市には宮崎育成牧場(旧宮崎競馬場)が、
綾町には馬事公苑がある。
同施設を訪れたのは2000年春。
九州へは専ら車での上陸。愛知にいようが北海道にいようが車以外での上陸は無い。
北海道~九州(室蘭~青森のみフェリー)での車旅は、それはそれで珍道中なのだが、
そこは割愛。ザックリ書けば、北海道から九州まで車で行く「と楽しいけど大変」といった感じ。
中国道を下関I.Cで降り、関門トンネルを抜けるとは門司の港の美しい景観が。
そこから国道10号線で、一路南へ。
途中、大分の土々呂などにも寄り道をしつつ宮崎入り。
延岡を通過し、自身の生まれ故郷、児湯郡を通り宮崎へと向かう。
宮崎育成牧場。元々は競馬場だけあって結構広い。
同牧場では、角馬場に放牧されているポニーとちょっと遊んで、施設内を見学。
場内や競走馬(特に九州産馬)の歴史や展示品などを見て回った。
JRAのHPで確認したら、最近は施設内も充実した様子。
機会を見つけてもう一度くらい行ってみようと思う。

■JRA 宮崎育成牧場
〒880-0036
宮崎県宮崎市花ヶ島町大原2347
0985-25-3448
※9:00~17:00(除く月曜日・火曜日・祝日)
※JRAホームページより

宮崎育成牧場を後にし、楽しみにしている綾へ向かう。
綾は馬事公苑の他に、照葉大吊橋や綾城などもある。また、お酒も美味しい。
個人的には「綾セレクション(米焼酎)」は良く好んで飲む。
馬事公苑では乗馬クラブの活動の様子や、馬の姿を見たりと、のんびり過ごした。
乗馬でもしようかと思ったが、当時は腰痛が酷く断念。
次来たときは乗ろうと思ったかどうか忘れてしまったけど、子供と一緒に乗りたいと思う。

■綾馬事公苑乗馬クラブ
〒880-1302 宮崎県東諸県郡綾町大字北俣2647
TEL 0985-77-0964 FAX 0985-77-3118
営業時間/9:00~17:00 定休日/毎週月曜日

※綾馬事公苑乗馬クラブホームページより

ところで最近マンゴーが有名になっている宮崎のフルーツ。
個人的にはやっぱり日向夏のイメージなんだよなぁ。
宮崎へ行って「マンゴー」のPRなんて記憶にないんだが・・・
そりゃ一回は食べてみたいけどね。(高いからなぁ)

p.s 

今日はカワカミプリンセスの誕生日(2004/6/5)でした。
オフィシャルサイトへメールをくれた皆さん、どうもありがとうございました。
   

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.06.03

春秋連覇

安田記念。ダイワメジャー。。
最後の直線、アンカツがちらっと後ろを確認してからGoサイン。
コンゴウリキシオーも坂を上りきってからもう一度伸びするも相手が悪すぎました。
ダイワメジャー強し。
この2頭、マイルでの力は頭一つ抜けてそうな感じです。
敗れたコンゴウリキシオー。今後もマイル~中距離のGⅠ戦線を賑わしてくれそうです。

1番人気のスズカフェニックスは善戦止まり。交わせなかったのは先行した馬が単に強かったから。
ここでは少々力足らずだったんでしょう。ちょっと今後の路線が気になるところ。

ジョリーダンス、アドマイヤキッスの牝馬2頭の走りもお見事でした。
川田騎手、内を上手く突く好騎乗でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »