« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007.02.28

種付けのお話 フリーリターン制度

最近、フリーリターン制度という言葉をよく耳にします。
今週のnetkeiba.comのコラム、「生産地だより」(田中哲実氏)にも登場していました。
フリーリターン制度とは、流産や死産、産駒が誕生した後死亡した場合に、種付けした翌年度に再度種付けをすることができる制度(権利・特約)をいいます。
スタリオン(売り手)が生産者(客)の種付けリスク軽減を目的にした制度といえます。
一般的に、制度を利用する際の配合相手は同一繁殖牝馬(前年と同じ繁殖牝馬)に限られる事が多いようですが、なかには繁殖牝馬の変更を認めているスタリオン(商社)もあるようです。
また、無事に産まれても牡馬・牝馬の格差は相変わらず。

競走馬の世界に男女平等が訪れることは・・・実現しても相当気の長い話かな?と感じてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.27

カワカミプリンセス帰厩

エリザベス女王杯後、北海道・浦河のBTCで休養していたカワカミプリンセス。
十分に英気を養って、今朝栗東へ向けて出発しました。
今冬の北海道は非常に過ごしやすく、良い休養になった筈。

春最初の大一番、ヴィクトリアマイルに向けて始動です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.02.26

バルダー健在

24日の御堂筋S(阪神10R)。
マーブルバルダーがいい競馬を見せてくれた。
勝ったダークメッセージの末脚には屈したが、好位から抜け出しての2着。
前々走のオリオンSで差の無い競馬をしていたので、13番人気とは失礼な話だ。(馬券を買う方にしたら旨い話だが)
馬が年々ズブくなっている分、この距離は良かったのかもしれない。
近年の流れ言えば、まだ7歳。ローエングリン同様まだまだやれる。
日経賞や目黒記念辺りなら見せ場タップリじゃないかと思うが。
同牧場では数少ない芦毛産駒。
出産時は本当に芦毛か?といった毛色だったが当然の如く白くなってきました。
次走は久々の勝利を期待したい。

本田騎手は日曜日に2勝。横断幕も多かった。
残念ながら敗れたもののローレルゲレイロに有終の美となったトシザヘネシー。
豪腕をしっかりと記憶に残しました。
騎手生活お疲れさま。
次の舞台でも応援していきますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.02.23

今週の産駒出走予定&展望 本田騎手ラストライド

三石川上牧場産駒は2頭が出走予定。
・マーブルバルダー
・セイヴィクトリー

ともに阪神の芝・2400Mでのレース。
マーブルバルダーは前々走のオリオンSと同じ舞台。先着したトウカイ2頭とは、コンマ4秒差の5着。
ここでも十分に通用する筈だ。前々の競馬で押し切りを図りたい。
一方のセイヴィクトリーは今週の追い切りもいまいち。ただ距離延長で追走が楽になるのはプラス。
スローの上がり勝負に対応できるかが鍵だ。

重賞は3鞍。
今週で引退する騎手・調教師もあり、様々な人間模様も影響しそう?
応援はもちろん本田騎手に瀬戸口調教師。当然の流れですね。

■土曜日
アーリントンカップ。
実績&応援でいえばローレルゲレイロ。
阪神の直線で踏ん張れるのならば皐月賞でも。ローテーションが少々厳しいが。
2戦目でしっかり変わったトーホウラムセスや、リニューアル阪神ならトーセンキャプテンは要注目。

■日曜日
すみれステークス。ニュービギニング仕切り直しの一戦だが面白いメンバーが揃った。
ナムラカゲトラ・・・といきたいところだが少々展開が厳しそうな感。
紅一点・ベッラレイアの末脚をチョイス。良いもの持ってる筈なんだが。

阪急杯はニシノデュー。私情ありありだが渾身の仕上げ。相手はプリサイスマシーンとイースター。
スズカフェニックスは路線の見極め出走か?

中山記念。
ブラックタイドの追い込み。よほど中山が好きなのだろう。今回は前が甘くなる。
インティライミはまともに走ってくれるかどうか。
トウショウシロッコはセントライト記念以降、久しぶりに条件が揃ったが。

産駒出走レースの詳細は以下のとおり。

続きを読む "今週の産駒出走予定&展望 本田騎手ラストライド"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.02.20

三石川上牧場を訪問

先週末から昨日まで北海道へ。
暖冬と言われているが、日本では北海道ほどこの言葉を実感できる場所は無いんじゃないだろうか。本当に暖かい(まぁ寒いは寒いが)。雪が少ない。異常だ。

18日に三石川上牧場さんへ。
朝から夕方まで馬話に盛り上がり、長々とお邪魔してしまった。お世話になりました。
内容をここでは全て書けないのが残念ですが、例えばディープインパクトに対抗すべく、日高でも新種牡馬を導入する動きがあってもおかしくないのは競馬通なら普通に考えつきますよね。
またカワカミプリンセスの近況や今後、馬産地(日高)の現状など。
とくにカワカミプリンセスの近況情報などは三石川上牧場さんの許可・協力のもと、今後は
dear-oguricap.com(URL・サイト名は変更の可能性もありますが)を、同牧場のオフィシャルサイトとすることに決定しました。
よりダイレクトな情報を、閲覧して頂いている皆さんにお伝えできればと考えています。
こちらもよろしくお願いします。

また、カワカミプリンセスの全弟 or 妹 が来週にも誕生予定。
無事に産まれてくれることを願うばかりです。

Img_0284とねっこ
ライジングフラッグの2007
お父さんは誰でしょう?



Img_0289

JRA賞受賞の受賞ブロンズ像
最優秀3歳牝馬
※ちなみに年度代表馬はシルバーらしいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.02

今週の産駒出走予定&展望 一騎打ちムード?

三石川上牧場産駒は4頭が出走予定。
京都組みは、
・キッスホーラー
・キクノハヤテ
・マーブルラトゥール
小倉にはデライトホーラー。

キクノハヤテは前回が昇級緒戦にも関わらず見せ場たっぷりの4着。引き続き好調をキープしている模様だし今回も好勝負を期待。
デライトホーラーも、絶不調時を比べれば、前走はそこそこ走ってくれた。前進を見込みたい。
3歳勢2頭は調教を見る限りでは今ひとつ。レースで変わってくれないものかな。

重賞、注目の共同通信杯に、高松宮記念へ向けたシルクロードS。
小倉大賞典はメンバーに加え騎手も揃った楽しみな一戦。

■土曜日
エルフィンS、2歳女王ウォッカが登場。がしかし相手がいないな。
タガノグラマラスも京都のマイルなら・・・といった感じだが少々パンチに欠ける。

京都7R(芝2400M)。前回で芝適正を見せてくれたナムラカゲトラにも密かに注目したい。

小倉大賞典はアサカディフィートの直線一気。ハンデ戦なら展開も見方してくれそう。
瀬戸口厩舎・マルカシェンクにも頑張ってもらいたい。
オグリキャップから応援してきた厩舎だけに最後まで応援したい。

■日曜日
シルクロードS。タガノバスティーユのもどかしさにお付き合い。嵌ればと言うか、普通に直線を迎えれば・・・
コスモシンドラーはやっとベストの舞台。穴候補で馬券の検討に加えたい。

注目の共同通信杯は一騎打ちムードだが、超スローとなると岩田騎手騎乗のフライングアップル、フリオーソがここでどれだけ戦えるかにも注目。
インパーフェクト、分は悪そうだが東京は向きそう。
”どちらかが勝つ”のであればフサイチホウオーの勝つ姿勢を上としたい。
ただしニュービギニングが東京で”何もしなければ”だが。

産駒出走レースの詳細は以下のとおり。

続きを読む "今週の産駒出走予定&展望 一騎打ちムード?"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »