« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.04.26

思い出の天皇賞馬 ビワハヤヒデ

トウカイテイオーに敗れた有馬記念から半年。 古馬の風格を漂わせたビワハヤヒデの前にライバルは存在しなかった。 ルーブルアクトが逃げるその後ろを悠々と追走すると、 必死に追うムッシュシェクルとは対照的に、余裕たっぷりに淀の坂を下ると、あとは独走状態。 思い切った後方待機策で、最速の上がりで迫ってくる武豊・ナリタタイシンも、 強さを際立たせる脇役にしか過ぎず、昨年までの3強の勢力図は、ビワハヤヒデ一色へ塗り変わった。弟・ ナリタブライアンが一週間前に皐月賞を制し、1ヵ月後にはダービーを制覇。兄・ビワハヤヒデのほうは宝塚記念も楽勝。 秋の兄弟対決に注目が集まったが、残念ながら天皇賞・ 秋のレース中に屈腱炎を発症し引退。

引退後、96年に種牡馬となったビワハヤヒデを訪れた。悠々と過ごす彼を見て、何ともいえず心が和んだ。本当に会えてよかったと思った。

■フォト

horse018

horse017

 

 

 

 

 

ビワハヤヒデ (日西牧場にて)  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.25

思い出の天皇賞馬 タマモクロス

初めて見た(TVですが)GⅠ天皇賞・春(1988年) じゃなかったかと。当時(といっても少年時代 笑)は競馬=オグリキャップ=芦毛だったから、 単純に間違えただけだと思う。 タマモクロスタマモクロスと意識してレースを見たのはオグリキャップと一緒に走った最後の秋3レース。 もちろんオグリ贔屓の自分にとってタマモクロスは目の上のタンコブ的存在。最後に勝った(タマモクロスが負けた) 有馬記念は、子供ながらに気分がいいものでした。その後、タマモクロスのビデオを見たり、 オグリとのレースシーンを見るたびに惹かれていく存在に。アロースタッドで会えたときは、ただただ感動。

早いもので今年の2歳がラストクロップ。産駒の活躍を切に願いたい。

■ フォト

tamamo1

tamamo0

タマモクロス(アロースタッドにて)

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.23

ドキドキの一週間の幕開け

いよいよ今週は、カワカミプリンセスオークス出走を賭けスイートピーS(オークスTR・出走馬:下図参照)に登場。桜花賞除外の鬱憤を見事勝利で収めろ! 一週間前の追い切りも非常に充実した動きの模様。もちろん天皇賞(春)ディープインパクトはじめ、出走各馬には注目だが、個人的にはスイートピーSに力が入るところ。

いづれにしても非常に楽しみなレースウィークであることに間違いない。

 

アラビックリーダー(54.0)
アラマサスナイパー(54.0)
カワカミプリンセス(54.0)
ゴールドオアシス (54.0)
サウンドバイト  (54.0)
サザンビューティー(54.0)
シャドウストリーム(54.0)
シャラポワ    (54.0)
ショウナンアルス (54.0)
ストールンブライド(54.0)
タイキクラリティ (54.0)
ノンコ      (54.0)
ハネダテンシ   (54.0)
パーフェクトジョイ(54.0)
ブラックチーター (54.0)
ベストストーリー (54.0)
ペンタコード   (54.0)
マイネサンサン  (54.0)
ミスティックリバー(54.0)
メジロレント   (54.0)
モンヴェール   (54.0)
ヤマニンファビュル(54.0)
ラピッドオレンジ (54.0)

以上 23頭が登録

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.04.22

オークスでのライバルは誰だ? フローラS展望

さて、明日はフローラS(東京・T2000M(GⅡ))。

我らがカワカミプリンセス(来週のスイートピーS(オークスTR)に出走。1・2着でオークス出走可) のライバルはここから現れるのか?注目の一戦だ。人気どころを見てみると、テイエムプリキュアマイネサンサンアイスドールハギノプリンセスアクロスザヘイブン辺りが人気を集めている様子。

テイエムプリキュアはなりふり構わずの出走。時計の掛かった阪神JFやチューリップ賞に比べ、 桜花賞の流れはこの馬には厳しかった。ラスト3Fは前3走ともにこの馬なりに伸びている。個人的にマイル適正はないと確信。 距離が伸びる今回とオークスのほうが力が出せそう。あとは当日の調子次第。 マイネサンサンは前走の強烈な差しっぷりが印象強。ただしそれはSペースでのもの。 ペースが上がりどうなるかを注目したい。アイスドールは2・3着争いまでの感。 その他で気になるのはブロンコーネプリティタヤス。 ブロンコーネは2走目でしっかりと変わり楽勝。キャリアが浅いだけに1戦ごとの上積みも大きそう。プリティタヤスは残念な大外枠だが、 距離延長は歓迎じゃないだろうか?ここで権利が取れるのであれば本番はちょっと注意が必要な一頭かと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.21

イチロー 名古屋デビュー!

イチローといってもカワカミイチローなのだが。

先日、中央登録を抹消された同馬だが、所属を名古屋(本名厩舎)へと移し、今日の名古屋・1R(D・800M)に出走した。人気のほうは4番人気と、中間評価だったが、結果は勝ち馬(アサケキング)の0.1秒差の2着。次走は勝ち負け必至となった。牧場にいた頃の動きでは、もともと同世代(牧場での)No.1の印象だったらしく、地方からの逆襲を期待したいところ。今後も注目したい。

また、カワカミプリンセスは来週のスイートピーS(オークスTR)へ出走する見込みだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.20

ふるさと銀河線

ふるさと銀河線が今日、その歴史に幕を閉じた。一度は乗りたいと思いつつも、 結局乗車することもないまま廃線を迎えた。しかし、沿線の住民には継続を訴える声も多々あり、今後の動向を見守りたいところ。 個人的にも乗車する機会が訪れることを願いたい。

銀河線は池田~北見間を結んでいるが、実際に走っている姿を見る機会は数えるほど。一度だけ、 国道242号線(今後はこの国道を代行バスが運行)をドライブした際に、 銀河鉄道をデザインしたラッピング列車を見ることができた。また陸別駅などには何度となく休憩がてら出入りした思い出も。。。 いかにもローカルな風景だが、いかにも旅情に駆られる風景でもあったな。

ローカルといえば、日高本線も。乗車したのは2度ほどしかないが、 苫小牧~静内~様似をのんびりと走り、風景も工業地帯から、山あり、海あり、そして牧場ありと、 何とも贅沢な車窓。日高へは、最近はあたりまえのように車を使ってしまうが、ローカル線の良さもいつか(出来ればそのうちに)味わいたいな。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.19

道営開幕!

いよいよ今年度の道営競馬が門別競馬場でスタート!なんと言っても楽しみなのは2歳戦。明日の6R(D1000M・8頭)に組み込まれているが、注目はタケノベルベット産駒タケノダイヤモンドか?鞍上に五十嵐冬樹騎手を確保して、必勝態勢の様子。ひょっとしたら夏の北海道シリーズでその姿を見ることができるかもしれない。

行きたいな。心はとっくに門別へ。あとは体を搬送すればいいだけなのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.18

桜前線北上中とはいうものの・・・

気象庁の開花予報をみると、札幌は5月6日。二十間道路で有名な静内は5月10日頃(浦河を参照)。 遅い春が着々と近づいてはいるのだろうけれど、札幌はここ数日肌寒い日が続いている。天気が悪いせいもあるんだろうが、 桜を楽しみにしている自分としては開花が延びてしまうのはちょっと損した感じになってしまう。貧乏性かな?

今年も静内の桜並木を早く見たいものだ。

IMG_4754 静内 二十間道路と牧場 ~ 2005.5

IMG_4751 桜も終焉

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.17

サムソン1冠!石橋守騎手やった!

第66回皐月賞は、石橋守騎手騎乗のメイショウサムソンが見事に勝利!人馬共にGⅠ初勝利となった。

高田騎手を背に猛然と迫りくるドリームパスポートと一瞬馬体が合ったかと思うと、そこからがこの馬の真骨頂。 抜群の勝負根性でヒョイと前に出て決定的な半馬身差をつけての完勝! 同じオペラハウス産駒のテイエムオペラオーを思い起こした人も多いのでは・・・

メイショウサムソンは皐月賞を見た限りでは、馬そのものが一皮も二皮も向けた感じ。強い。

次はいよいよダービー。ライバルは同厩舎のマルカシェンクの復調具合が気になるが、 骨折のハンディありでダービーが勝てるほどの馬なのか?この馬の次走はいろんな意味をもちそう。

皐月賞組みでは、まずフサイチジャンク。3歳春の力比べでは十分すぎる力を持っている感じ。ドリームパスポート(母父トニービン) も今回は悪く言えば騎手で人気を下げていたような感じ。アドマイヤムーン、サクラメガワンダーは現状2番手グループかな。

舞台の府中は直線が長い。しかし今のこのコンビにしてみれば、 皐月賞で感じた直線の長さに比べれば500Mなんて何とも感じないはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.04.13

欠航

えぇ~、久々の更新な訳ですが。。。

先週末から愛知へと帰省。たまたま近くを通ったので岡崎の伊賀川のほとりを散策。桜がほぼ満開でとても綺麗。その日は「家康まつり」と重なって、花見客などいてかなりな賑わい。またその日は桜花賞。残念ながらカワカミプリンセスの出走は叶わなかったが見応えのある好レース。

さて、何だかんだと用を済ませ11日夕方の便で札幌に帰る予定が・・・欠航。。。滑走路手前までは行ったものの強風のため待機。待機。待機。結局欠航とあいなりました。欠航になったのは初めての経験でしたが、何とも疲れますねぇ。。。手続きやら空港からの移動やら・・・何時間かかるんだよ!って感じ。自然が相手なので仕方ないけど、(でもセントレアのウィークポイントだよなぁ、これは)欠航手続きをもう少し何とかできないものなんだろうか?いろんな意味で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »